メンタルに栄養を

メンタルに影響する残業

会社の残業等はメンタルに影響

精神的なストレスを長く抱えると、メンタルに影響し、うつ病になる可能性もあります。会社の残業時間が多く、メンタル的に辛い人で、体調不良が2週間以上続いている人は、早めに専門医で受診することが大切です。うつ病になると、不眠や、食欲不振、気力の低下、頭痛、腹痛、吐き気など、さまざまな症状があらわれます。病気が原因で会社を辞めてしまった人もいるでしょう。仕事を離れた人でも、治療をサポートしながら、社会復帰に向けて、さまざまな支援を行っているところもあるので、症状が改善されたら、相談してみるのも良いでしょう。

うつ病を未然に防ぐ方法

メンタルが弱いからうつ病を発症すると考える人も多いはずです。研究結果では、自分の気持ちが強いから病気にかかると言えるとされています。つまり、メンタルが強いから病気になるのです。適当にやっていればうつ病を発症しないと言い切れるわけではありません。未然に防ぐ方法は頑張りすぎないこと、自分にご褒美をあげることです。自分で自分を好きになることが重要です。心に栄養を与える方法は様々あります。無駄だと思うことをあえてやってみることや、甘い物を食べることなどです。仕事以外に熱中できる趣味を見つけることも未然に防ぐ方法のひとつです。

↑PAGE TOP

Copyright © メンタルに影響する残業 All rights reserved